2018年JGC修行ルートを考える

2018年JGC修行を始めるときに勉強したこと、ルート作成についてです。

1月と2月で東京を起点として、マレーシアと沖縄を2往復しました。

今のところFOP単価は7.0円で、修行を決めた時の目標は達成できています。(目標はFOP単価7円代)

回数修行か、FOP修行か?

JALのステイタスアップのためには、搭乗回数もしくはFOP合計のどちらかを達成しなければなりません。


(出典:JAL公式サイト FLY ON ポイント ボーナスキャンペーン

私の場合、”JGC修行をしながら海外旅行も楽しみたい!!”という不純な動機もあったので、迷うことなくFOP修行を選択。最終目標は”JGC入会”なので、最低でもサファイアを獲得しなければいけません。

私は年に数回は、まとまった休みが取れるのでスケジュール的に問題はないけど、お仕事の都合などで休みが取れない方は回数修行の方が良いかもしれないですね。

とにかく修行は、一旦始めたらその年は引き返せないので、ここはどちらにするか慎重に選ばなくてないけないでしょう。

FOPを効率よく貯めるには

JALカードFOPボーナスキャンペーン

2018年12月末まで実施されています。キャンペーンは2種類あって、JALカード会員限定です。

➀初回搭乗ボーナス
キャンペーン期間中、対象路線に対象運賃で搭乗すると、JAL便の初回搭乗に対してボーナスポイントとして5000FOPを積算する。特に登録とかは不要で、期間中にJAL便に乗ればもらえるポイントです。

ポイントの加算は翌月初旬になりマイルが付与時には、まだ付いていないことが多いと思いますが、慌てずに待っていてください。JMBダイヤモンドとJGCプレミアの方は、さらに3000FOP貰えます。

➁搭乗ボーナスFOP
2018年から実施期間がなくなりました。従来のFOP積算に加え、運賃に応じて最大400ポイントの搭乗ボーナスFOPが積算されます。

FOPは国内線とアジア・オセアニアがお得!!

FOP(フライ オン ポイント)はマイルとは違って、長距離を乗れば稼げるというわけではありません。

FOP計算方法
   【フライトマイル】 × 【FOP換算率】 + 【搭乗ボーナス】

FOP換算率は、国内線とJAL便の日本発着のアジア・オセアニア路線は倍率が異なります。

日本国内線:2倍
JAL便の日本発着 中国・香港・アジア・ オセアニア線:1.5倍
上記以外の国際線:1倍

例えば、東京(成田・羽田)からシンガポールに行くとすると、(プレミアムエコノミー)
【3312(マイル)】×【1.5(FOP換算率)】+【400(搭乗ボーナス)】=5368となります。

国際線の国内線区間は運賃種別が”Y”となり、マイル換算率が100%となるけど、運賃は国内正規料金より格安になっているのでお得感があります。

私は回数を減らすために、国際線区間もマイルが100%加算されるプレミアムエコノミーで予約しました。

海外発券でFOP単価を抑える

修行についていろいろ調べているうちに”海外発券”のことを知りました。私は普通の会社員なので、毎回普通料金で航空券を買う余裕はないけど、割引航空券では、マイル換算率が悪いので、目標達成にはより多くの日数が必要になります。

できる限り修行日数を減らしての目標達成を目指すには、1回あたりのマイル換算率を上げるのが一番良い方法だと思いました。

海外発券と聞くと難しいイメージがありますが、サイトは日本版と似ているので特に難しいことはありませんでした。

JALのホームページを開いて、右上の日本語の部分(青い枠内)をクリックすると地域と言語選ぶ画面が出ます。発券したい国とホームページを表示する言葉を選んで「GO」をクリックします。後はホームページの指示に従えば購入できます。


(出典:JALホームページ

ここで注意しなければならないのは、これは海外在住の方が日本へ来るための航空券なので、日本から現地へ行くのと、現地から日本へ帰る航空券は別に予約する必要があります。ここは、価格を抑えるかFOPを優先するかで意見が分かれるところだと思います。

*特典航空券で発券する
*日本発の格安チケットを購入する
*他社のより安い航空券にする(マレーシア航空など)
*LCCを利用する

選択肢はいろいろあるので、面倒でなければいろいろ調べて決めるとよいと思います。往路の片道だけ購入して2回目からは海外航空券を連続して使用する方法もあります。

【例】シンガポール→東京往復の場合
(往路片道)HND→SIN
(海外発券)SIN→HND→HND→SIN
(海外発券)SIN→HND→HND→SIN
無限ループになるので、どこかで復路片道の購入が必要になります。

海外発券は2往復分を一度に購入するので、航空券の有効期限にも注意してくださいね。

私は、クアラルンプール発沖縄行の航空券を発券したので、東京⇔クアラルンプール往復と羽田⇔那覇往復の航空券を別に購入しました。クアラルンプール4往復も考えたけど、同じ国に4回行くのは旅行としては味気ないので、ここでクローズしました。

羽田空港と成田空港

JALのクアラルンプール便は、成田発の昼便と成田着の夜行便の1往復しかありません。マレーシア航空のコードシェア便を利用するともっと選択肢が増えるかもしれませんが・・・

ここで問題が!クアラルンプール線は成田発着だけど、沖縄行きは羽田発着です。成田空港と羽田空港をバスか電車で移動することになります。

私は大田区に住んでいるので羽田空港はいいけど、成田空港へ行くのは物凄く遠い感じがします。修行の途中で2時間近く電車に乗って空港間を移動するのは、避けたいところですね。バスの方が楽に移動できるでしょうが、やっぱり気が乗りません。

そこで考えたのが、”2レグ目は羽田空港に帰ってくる!”です。クアラルンプール線は羽田着がないので、クアラルンプールから羽田行のあるシンガポールかバンコクへ移動して帰ってくる方法です。

JALのホームページで検索したら、シンガポール経由便がヒットしたのでそれを選択しました。クアラルンプール→シンガポール間はマレーシア航空の運航になるけど、ワンワールドなので、FOPは加算されます。(ボーナスはないけど)

7レグ目の沖縄は、22時以降に到着する便を選択してクアラルンプール発を翌日に設定して、家に帰って翌日に成田空港に行きました。

最も航空券を取りづらいのは国内線だった!

実際に発券して分かったんだけど、国内線って意外と高い!!特に那覇線は!

ウルトラ先得で何とか安くと思っても、一般発売が開始されてからサイトを見ても「クラスJ」とか「ファーストクラス」は便によってはすでに空席がない状況でした。仕方なく、希望の便より後の便にずらしてみたり、少し高い料金で購入したりしました。

結局は、国内線の安い航空券が取れた日に合わせて国際線を予約することに。国内線・・・侮れないですね!

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です