死海でプカプカ浮遊体験 ~ヨルダン~

聖ジョージ教会を観光後、死海へ向かいます。

2014年5月のヨルダン旅行の続きです。表紙の人形はマダバの土産物屋で売られていました。イスラムジェニーちゃんは、アバヤ着てるんですね。(ジェニーじゃないけど・・)

モーゼの泉

アイン・ムーサの「モーゼの泉」。モーゼが杖で上の岩をたたくと水が溢れ出たという場所で、今も生活用水などに使われているそうです。

聖ジョージ教会

マダバは、アンマンの南に30km、キングスハイウェイにある最初の大きな町。

聖ジョージ教会は、ギリシャ正教の教会で、紀元560年頃のビザンチン時代のパレスチナとその周辺をモザイクで表した「マダバ地図」で有名です。

「マダバ地図」は、大きさ16×5mで、地図上の場所の位置が実際のコンパス方位と一致していて、6世紀のパレスチナ・エジプト地方の様々な地名が記載されています。2百万個の石のかけらで作られたモザイクは、東ローマ時代のエルサレムを表現した現存する最古の地図だそうです。

地図は北のレバノンから、南はナイル川デルタ、および西の地中海から東部砂漠までが描かれていて、ギリシャ語の説明が記載されています。地図の中心には、エルサレムがあり、聖墳墓教会などが描かれています。

ネボ山

旧約聖書の出エジプト記に出てくるモーゼとその一行は、シナイ山で十戒を授かったのち、ヨルダン渓谷の東側を北上したと言われているが、確かな記録はないそうです。唯一分かっているのは、モーゼ終焉の地がマダバの西にあるネボ山だったということです。

私も映画の「十戒」観ました!あの海が割れるシーンは圧巻でしたよね。私のお気に入りの映画のひとつです!

ネボ山の西にシアガと呼ばれる標高710mの頂があって、ここがモーゼの死んだピスガの頂とされています。頂上には6世紀に建てられた小さな教会があり、状態の良いモザイク画が残されています。

2000年3月20日にこの地を訪れた教皇ヨハネ・パウロ2世は、ビザンチン様式の礼拝堂の側に平和の象徴としてオリーブの樹を植えました。教皇ヨハネ・パウロ2世の訪問を記念する石碑があります。また、2009年5月9日にこの地を訪れた教皇ベネディクト16世は、演説し山頂からエルサレムの方向を眺望したそうです。

教会の正面に、青銅の十字架があります。イタリアの芸術家 ジョバンニ・ファントーニによって製作されました。モーゼが荒野で作った青銅のヘビとイエスの十字架を象徴しているんだとか。

青銅の十字架から、ヨルダン渓谷が一望できます。左に死海があって空気が澄んでいるば、エルサレムの「岩のドーム」も見えるんだって

↓見づらいけど、左の建物の上に死海が見えます。

死海で浮遊体験

死海は、地球上で最も低い海抜マイナス420mにあります。気候は温暖で標高が低く酸素濃度が高いことから、沿岸には療養施設もあるそうです。昔、クレオパトラは死海の泥で美しさを磨いたといのこと、もちろん美容目的のスパもあります。

海水の塩分濃度が3%に対して、死海の湖水は約30%の濃度があります。生物が生息しづらい環境で、湧水のある一カ所を除き魚類の生息は確認できておらず、死海の名前の由来もここからきているんだとか。20世紀中ごろから湖面の低下が観測されていて、消滅の危機を阻止するための運河の建設の計画が進行しているそうです。

死海で1泊します。ホテルは「DEAD SEA SPA(デッドシースパ)」。古い感じは否めないけど、リゾートホテルとしての機能は果たしています。とにかくホテルの前が死海で、部屋から水着を着て行くことができるのは便利でした。

死海は塩分濃度が高いので、水は飲まない方が良いんだって。水が目や傷口に入ると超~痛いらしく、特に目は気を付けないと大変なことになるんだって。万が一に備えて目を洗うための、ペットボトルの水を持って行きます。

↓お手製ガイドブック情報(参考程度にしてください)

恐る恐る死海に入っていくと、意外に深くてすぐに足がつかなくなるんだけど、気づいたら立ったまま浮かんでいた!!

そのままゆっくり背泳ぎスタイルになると、プカ~っと浮かぶけど、逆に立つことができない!!私は、そのまま背泳ぎで岸まで泳いで、背泳ぎスタイルのまま岸に乗り上げてから立ち上がりました。

ちょっとだけ舐めてみると・・・「激苦い!!」これは身体に悪そうです。

お決まりの泳ぎながら本を読むスタイル!私たちは、夕方泳いだんだけど、逆光で写真撮るのが難しくてちょっと残念!

岸辺に泥が入った箱があって泥パックやり放題!!ここぞとばかりに全身に塗っていたら、最初に塗ったところからピリピリしてきたので、急いで塗って死海にドブーンと入って洗い流しました。

効果のほどは・・・翌日はお肌がつるつるでした♪

死海の泥すごーい!と感動しちゃって、この後死海コスメを爆買い!!

帰りのスーツケースは石鹸やら泥パックやらで激重に・・・そりゃあ石と泥を入れてるんだから重くなるのは当たり前だよね。

↓価格は参考にする程度でお願いします。

(”ジェラシュ遺跡へ”に続く)

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ