バラ色のエル・ハズネ ~ヨルダン~

ペトラといえば、エル・ハズネ!

2014年5月のヨルダン旅行の続きです。インディージョーンズの映画が撮影されたことで有名です。

世界遺産のペトラ遺跡へ行きます。ペトラはヨルダン南部の遺跡で、古くよりエジプトとアラビア半島を結ぶ通商の要地でした。この地の貿易を担ったナバテア人はナバテア王国の都としてペトラを建設したそうです。

ペトラマップ(チケット売り場⇒エルハズネ)

今回は、手製のガイドブックを作って事前勉強をして行きました。手書きなのでヨレヨレだけどペトラマップを紹介します。

チケット売り場からシーク入口まで

シークと呼ばれる狭い峡谷の入口までは、馬(有料)に乗っていくこともできるけど、ツアーガイドと一緒に徒歩で行きました。最初に見えてくるのが、”ジン・ブロック”。言い伝えによると、精霊を祀る場所であったとか。精霊は水の流れの傍に宿るとされているため、ジン・ブロックも水の流れの傍に立てられるんだそう。人工的な四角いブロックなのですぐに見つけることできます。

また、しばらく何もない道を歩いていくと・・・

左側に、”トリクリニウムとオベリスクの墓”が見えてきます。

上段のオベリスクの墓は、4本の塔がエジプトのオベリスクに似ているからそう呼ばれているとか。誰の墓なのかはっきり分かっていなくて、ナバタイの王アレタス1世の墓ではないかという説があるが定かではないそうです。

4本のオベリスクの真ん中に掘られている人物みたいな像は、エジプトの女神イシスだとか、墓に埋葬された人物だとか諸説あるそうです。尖がっている形がオベリスクの先端に似てますね。

(参考)ルクソール(エジプト)にあるカルナック神殿のオベリスク

下段は、バーブ アッシーク トリクリニウムと呼ばれ、死者のための饗宴の儀式が行われたそうです。トリクリニウムとは低いテーブルを中心に三方に長椅子が配置された古代ローマ時代のダイニングルームのことなんだって。

シーク

いよいよシークに突入!!岩の高さは60~100m、長さ1.2㎞の峡谷を進みます。馬車(有料)に乗って行くこともできます。

途中には、ナバタイ人が水源地から水を引いた水路やダムの跡があります。道の途中にはナバタイ人が信仰していた神を抽象的に表現した聖石なども見ることができます。

古代には、ヘロデ大王やアレタス4世によって石畳が敷かれていたこともあったそうだけど、洪水などで流されて現在見ることができるもののほとんどは、ヨルダン政府が整備したものなんだって。石畳は平坦じゃないし、半端なく歩くので、本当に歩きやすい靴で行ってくださいね。

エルハズネに向かって右側には、飲料水を引いていた素焼きの水道管が、左側には灌漑用水路があります。ところどころにダムのようなものも見かけました。今でも冬になると洪水が起こるんだとか・・

前方に大きな岩の裂け目が見えてきました。シークの終わりが近づいてきましたよ!岩の割れ目からエル・ハズネがチラチラ見えて、だんだんと裂け目が大きくなってきます。

うわ~!もうワクワクが絶好調だよ!!

じゃ~ん!エル・ハズネに到着!!

エル・ハズネ

エル・ハズネは、高さ約40m、横幅は約25mで、紀元前30~9年の間に建設されたといわれています。エジプトのファラオの宝物が隠されていると信じられていたけど、実際には内部には何も残っていないので、何のために使われたのかは不明なんだって。

建築様式は、アレクサンドリア・ヘレニズム様式で、エジプトやギリシャの影響が見られます。現在は中には入れないけど、柵の外から中を覗くことができます。

➀屋根の上にあるのが、ファラオの宝物が隠されているという言い伝えから、ベドウィンに銃撃された壺の彫刻です。壺には弾痕が見えます。

➁中央の円柱の中にいるのは、エジプト神話の女神である「イシス神(エルウッザー)」。

➂左右の四角い壁に対になるように掘られているのは、ギリシャ神話に出てくる女戦士「アマゾネス」。

➃ギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー」

➄幸運と繁栄の女神「テュケー」。

⑥ペディメント(切り妻型屋根の破風部)見える顔のようなものは「メデューサの首」。魔除けとして掘られているんだって。

⑦「ポルックス」ギリシャ神話の英雄。

⑧「カストール」は死者の魂を天国に連れていくと言われています。「ポルックス」と「カストール」は双子の兄弟でゼウスの息子です。

⑨コリント式の柱。12本あって12の月(1年)を表しているとか。

エル・ハズネの近くに行くと、下にまだ階があるのが見えます。ペトラ遺跡の約70%は、未発掘と言わているそうです。私が生きているうちに新たな発見に出会えますように・・・

↓お手製ガイドブックの自分にあてた持ち物リスト(お水の価格は参考です)

(”ペトラは広いよどこまでも・・”に続く)

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ