歩かずにシンガポールの夜景を観賞する方法

リバークルーズで涼みながら楽に夜景を鑑賞しようと思います

2017年9月シンガポール一人旅の続きです。
歩き疲れたので、リバークルーズで、ラク~に観光することにします。
夕方から乗ると夜景が綺麗だと聞いたので、リバークルーズで夜景観賞を狙っての乗船です。

パンフレットによると、乗船場所はいろいろあるようですが、私はこちらから乗りました。

ルートとかよく分からなかったんだけど、パンフレットを見る限り、同じルートをぐるぐる回っているようなイメージだったので、またマーライオンのところに戻ってくるだろうと思って「大人一人」のチケットを買いました。

乗り場でしばらく待っていると、船がやってきました。到着したら2~3人降りて、船には誰も乗っていない状況。同じ乗り場から10人くらいが乗船したけど、皆さん後ろの展望シートに行ったので、私はあえてガラガラの客室内でくつろいでいました。

少しずつ日が暮れてきて、街の灯りがきれいになってきます。1周が40分くらいと仮定すると、夜景には早かった感が・・・もう少し後の便にすればよかったかな。
船に乗っている間、水辺ということもあり、暑いというよりは長袖シャツでちょうど良い感じの涼しさでした。

クラークキーで、10分くらい停泊です。ここで半分くらいの人が降りて、また10人くらい乗船してきます。

船の中では、音声ガイドの観光案内(英語)が流れているけど、後ろの席だと何言っているのか全く聞こえないので、ガイドを聞きたい場合は、前の方の席に座ったほうがいいですね。ゆっくり進む船と、夜景と水の音・・・なんだか癒されます。(歩かなくてよいのが一番の癒しだけどね)
ポケーッと夜景を見ていたら、マーライオンに戻ってきました。

さー着いた!降りますかね。と思って準備していたら、船はさっき乗った停泊所の前をスルーして、マリーナ・ベイ・サンズの方へ・・・

あれれ!何かおかしいぞ!

???どうして?

結局、船はマリーナ・ベイ・サンズのところに停泊。この際だからもう少し乗ってようかなと思っていたら係の人に降りるよう言われました。何だかルールがよくわからないぞ!仕方ないので、ここで降りて電車でマーライオンに戻るしかないね。

MRTに乗ろうと思ったけど、マリーナ・ベイ・サンズで道に迷ってしまい、MRTの乗り場に着くまで30分以上かかってしまった。私の特技は「道に迷うこと」だけど、まさか今ここで得意技が出るなんて・・・(プチパニックで迷っていたので、写真を全く撮っていない!)

やっとMRTの乗り場を見つけて、再びマーライオンに会いに行きます。
大きなマーライオンもいいけど、私はこっちの小さいほうが好きです。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ