セレブリティ オーキッド ガーデンで世界のVIPに会う(シンガポール)

シンガポール植物園のオーキッドガーデンには、VIPの名前が付けられた蘭があります。

2017年9月に、シンガポールに行ってきました。
いろいろストレスが溜まって、癒されたい~っと思ってシンガポールへ。

ボタニカルファンとしては、たまらないパワースポット「シンガポール植物園」でパワーチャ~~~ジ!!

ガーデン・バイ・ザ・ベイの方が、新しくて派手だけど、シンガポール植物園には、国立ラン園がある!!昭和世代としては、やっぱシンガポールといったら蘭の花でしょう。

MRTダウンタウン線のボタニックガーデンズ駅で降りて、外に出るとすぐに植物園の入口が見えます。わーい!って入ったはいいけど、結構広いし外は暑い!!これじゃパワースポットに到着する前に、私がオフモードになってしまうよ・・・

木陰のベンチで休みながら、カフェでお茶して、便器に座ったりして、ゆっくり40分くらいかけて歩きました。園内の道はそんなに複雑ではないので、方向を確認すれば、地図を見ずになんとなく歩いて行っても迷ったりはしないですね。道に迷うことが得意な私が迷わずに着けたんだから皆さんなら大丈夫です。

国立ラン園に到着です。入口では艶やかなデンドロビウムが迎えてくれます。

これは「バンダ」かな?黄色の花は初めて見ます。ボタニカルファンの私としては、蘭が地植えされているだけで萌え~!!

園内の奥の方に、「セレブリティ オーキッド ガーデン」という、世界各国のVIPの皆さんの名前が付けられた蘭を展示しているスポットがあります。それまで蘭についている札とか全く読まなかったので、最初はVIP蘭だと気付かず、スルーしたんだけど、プリンセスダイアナのところで、アッ!と気付いてもう一度最初から見直しました。

日本人の観光客の方もたくさんいらっしゃってましたが、日本語の案内がないこともあって、皆さんも気付いていない様子でした。もったいないですよ~

こちらは、美智子皇后さまが1970年に訪園されたのを記念して・・・色合いがシックだわ!

清楚な白い花は、故プリンセスダイアナを偲んで・・・

オバマ元大統領夫妻の蘭の写真を熱心に撮っていた、アメリカ人の女性に「素敵な蘭ですね」と話しかけたら、「そうでしょ!この花びらの色がミッシェル夫人のように美しいわ」とまるで自分が育てたかのように自慢げに話をしてくれました。

季節が悪いのか、調整中の花壇も結構たくさんあって、鶴の銅像のある噴水も工事中だったりで見れませんでした。もう一回行く理由ができたと思えば、これはこれでよしとしましょう。併設されているジンジャーガーデンにも行きましたが、全然花が咲いていなかったです。ここもまた別の季節に来ることにします。

私としては日本では高価な観葉植物たちが雑草のように地面に生えている様子を見るだけで大興奮!

これは、お洒落インテリア雑誌によく出てくるビカクシダ!?
ここまでくると迫力満点でお洒落インテリアって感じはしませんね。というか、これが家にあったら怖い・・・

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ